Novelty Goods

novelty2.jpg

ノベルティ第1弾   “ 蛇(ポールパイソン)の抜け殻 “
2015年10月、KING SNAKEデビュー時に付属。テキサスブルースの雄ブルースマン、ライトニン・ホプキンスは、自分のギターの中にヘビの抜け殻を入れていた。「こうするといい音するんだぜ」と。片やホワイト・カントリー・プレイヤー達はギター、フィドル、マンドリンの中にガラガラヘビのシッポを入れていた。「いい音がするんだよ」と。そして、MOJOがあると言う意味だそうだ(ブードゥー教ににおいて金運やギャンブル運、女性運を向上させるための意味)。話しを日本に向ければ、ヘビは、弁才天の使いとして富をもたらすものとして有名であり、縁起が良い動物として知られる。古くから神様の使いとも言われており、運気アップアイテムとしては欠かせないものだそうだ。その意味も含め、デビューモデルである Detroit One初回分に付属。

novelty1.jpg

ノベルティ 第2弾 “SNAKE OIL “

2020年、コロナウィルスによる混迷とした世になってしまった事においてKING SNAKEご購入いただきました皆様方に2020年を笑って終わって頂きたく企画。KING SNAKEでSnake Oil Burstと言ったカラー名称でも使用してるSnake Oil。そもそも中国伝統的な薬で、水ヘビから抽出した油脂から作られ筋肉、腱や関節の痛みを和らげたり血液の循環を刺激血腫の吸収を促進し、傷、擦り傷、火傷の治癒プロセスを加速するなどの効果があるそうだが、それがアメリカに渡った際に適当な油を詰め込み何の効果もへったくりもないにも関わらずプロモーションのために「メディカルショー」にて実演販売行ったそう。 このメディカルショーがブルースの歴史本にもよく登場するものでありとても惹かれるもの。移動遊園地、人形劇・アクロバット・劇、演奏などのショーが行われ、このメディカルショーに幾多のブルースマンが出演し、ブルースの演奏の横で何の効果もないSnake Oilと名付けられただけのものを万能薬と偽り売りつけてたという歴史。よって今ではSnake Oilと言えば、インチキという意味で使われ当てにならない話や詐欺のことを示すことがなったとのこと。Snake Oil Salesmanという言葉もあり、インチキ行商人、詐欺師を指すそう。日本で言えば昔あったインチキ見世物小屋とか、ダミ声が飛び交うお祭りにあるドロッとした空気感。このドロッとした感じがブルースによく合うなと思い企画。

 

中身は弊社アイテムでもある高級家具オイル。

指板、木部ブリッジなどに塗布しクロスで拭き上げ染み込ませれば乾燥による木部の割れ防止、ボディなどについたの指紋とか汚れをクロスで吹き上げる際に使用するなど木部に対してラッカー塗装でもいかようにもご使用可能。

今までにKING SNAKEご購入頂きご使用して頂いてる皆様全員にプレゼントいたします。

ご使用モデル名、シリアルナンバー、郵便番号、ご住所、お名前、電話番号を明記の上、下記アドレスまでメールにてご応募ください。

メールタイトル「Snake Oil希望」と記してください。

info@taurus-jp.com