お取扱い注意点
下記の取扱い注意点にお気をつけ下さい。
特にコリングス・トラディショナル・シリーズは、ラッカー塗装&ニカワ接着製法にて製作されておりますので管理方法等お気をつけ下さい。
 
 
温度20度、45%~55%程度の環境で弦を緩めて保管するのが最善であります。
   高温・低温、極端な高湿・乾燥内での保管は、行わないようにして下さい。
   トラディショ・シリーズ等の場合、板同士の接着剤であるニカワが溶けて接着が剥がれる恐れがあります。
 これはノイズが出るようになって気がつくことが多いかと思います。これはノイズが出るようになって気がつくことが多いかと思います。その際に気付きながらも、そのようになった要因の環境下では放置したままですと、木がさらに大きく動く可能性が有ります。
その際の修理に於いては、保証期間内でも有償修理となる可能性が有ります。放置はせずに迅速にご購入店へお申し付け下さい。
くれぐれも温度、湿度管理はご注意下さい。
● 季節の変わり目の日々温度変化が激しい時期は、本器の状態を確認するような心がけを行って下さい。
   真夏の自動車の中や極端に高温になる環境等では、高温になると表面のラッカーが溶けて、ケースの跡や毛が付くことがあります。
 極端に乾燥すると板が割れる恐れがあります。
 湿度の変化で板の膨張・収縮に耐えきれなくなったときに板の弱い部分にヒビが入ってしまう恐れがあります。ご注意下さい。
ご使用の際に楽器ケースの中に入れているブランケットやクロスが有る際は良く乾かしケース内もよく乾かすように心がけて下さい。 
 乾燥したケースは楽器に良くない湿気を吸いとってくれます。反対に湿ったケースは楽器の状態を悪くしてしまいます。
 酷い場合は、トラディショ・シリーズ等の場合、板同士の接着剤であるニカワが溶けて接着が剥がれる恐れがあります。
 ご注意下さいませ。