kingsnake_logo_bk.jpg
black.jpg

MODEL : ブラック・ベア

Black Bear

Open Price / 実勢価格 : ¥275,000(税抜価格 ¥250,000) Made in Japan

*The price is only valid in Japan

TOP Plywood Maple  SIDE & BACK Plywood Maple  BODY WIDTH 16" (406.4mm)  BODY DEPTH 1.75” (44.5mm)  BRACING Parallel Bracing  BINDING Single Ivoroid (Body & Neck)  PICKGUARD BK 4P  NECK Mahogany  FINGERBOARD Rosewood  RADIUS  12” (305R)  SCALE 24 3/4" (628mm)  NUT WIDTH Bone/ 1.68” (42.67mm)   BRIDGE Original Aluminum Saddle on Rosewood / Pinned Style  TAILPIECE Custom Trapeeze-Style  TUNER Gotoh SD-90  FINISH Lacquer  PICKUPS KINGSNAKE JLH-1 (4-conductor)  CONTROL 1 Vol. & 1 Tone , 1 ON/ON Toggle Switch  STRINGS D'Addario EXL115(.011-.049) COLOR Black  CASE Hardshell Case(White & Black Line)

コンセプト:「 グレートスピリットの呻き声」
 

ネイティブ・アメリカンの世界ではグレートスピリットが熊の姿で現れると言われ、ベアクロウ(熊の爪)を身に着けることで病気や災いのお守りにしていたそう。一方、国内へ向けるとアイヌの人々は古くから、ヒグマは敬虔(けいけん)な心を持ち崇高であり「キムンカムイ(山の神)」と呼び、先祖代々重んじられてきたそう。そのグレイトスピリット、キンカムイと呼ばれる熊という崇高な存在をコンセプトとし、その神聖なる熊の圧倒的に野太く、空気を切り裂くかのように低く歪んだうめき声をイメージし開発。基本的なサウンドコンセプトは先に発売したDetroit Fourに似るが、さらにミドルに寄せたサウンドが呻くようにとボディサイズをワンサイズ小さい16”ボディ、ミディアム・スケールとすることで適度に低域が絞られ、そこに独自で開発した切削によるアルミニウム製ブリッジサドルを搭載し音が全面に出てくる感じを与え、トーンはほんのりと柔らかさを持ったヴィンテージ・トーンである。例えるならVintage Ampの程度の良いオールド・アルニコ・スピーカーの頃合いである。ホローボディながらもトップ裏のDetroit Blockとアルミニウムトーンが相まってのことであり、ブリッジ部に搭載されたピックアップながらもトーンの幅広さが絶妙である。ブリッジ部に並列された独自のミニ・ハムバッカーP.U.がそのトーンをアウトプットし、スイッチONにした時の直列で繋がれるデュアルハムバッカーサウンドがさらに呻きを与え、Bluesに留まらず、ハードなR&Rにも対応する。

そして、熊は単独で生きる。

その熊如く、今の浮世の流行り廃りに従属する音楽性ではない「孤高なる」音楽、同調圧力に屈しない「個」を大事にするプレイヤーのツールとなり、大胆不敵に弾いて頂きたい。

Concept: " Great Spirit Grunts "
In the Native American world, the Great Spirit is said to appear in the form of a bear, and people used to wear a bear claw as a talisman against illness and misfortune. On the other hand, the Ainu people in Japan have long revered the brown bear, calling it "kimu kamui (mountain god)" because of its pious heart and noble spirit, and have respected it from generation to generation. The concept of this great spirit, the sublime existence of the bear called "kinkamui," and the development of the song was inspired by the overwhelmingly wild, low, distorted moaning voice of the sacred bear, as if it were cutting through the air. The basic sound concept is similar to that of the previously released Detroit Four, but the low frequency range has been moderately narrowed by making the body size one size smaller (16" body) and using a medium scale so that it can moan with a sound closer to the middle, and the originally developed The tone is a vintage tone with a hint of softness. The tone is slightly soft vintage tone. It is like a good old alnico speaker of Vintage Amp. The Detroit Block on the backside of the top and the aluminum tone, combined with the hollowbody, give it an exquisite tonal range even though the pickups are mounted in the bridge. The unique mini humbucker P.U. parallel to the bridge section outputs that tone, and the dual humbucker sound connected in series when the switch is turned on gives it even more grunt, making it suitable not only for Blues, but also for hard R&R.

And the bear lives alone.
Like the bear, it is a tool for players who value "individuality" and do not succumb to peer pressure.

「44 Switch」 2Way のトグルスイッチ「44 Switch」を上側にした時に隣接したピックアップのネック側が駆動。コンセプト通りの「野太い」音を出す為に通常のブリッジ・ピックアップの位置より も若干前に取り付けられた方を選択。通常のリア・ピックアップ・サウンドながらもよりブルージーに鳴る。44 Switchを下側にした時、ブリッジ側のピックアップが直列配線されデュアル・ピックアップ・サウンドとなる。さらに野太くゲインを持ったワイルドなサ ウンドとなる。この2つのサウンドをプレイ時に瞬時に切り替える事が可能である。通常のミニ・ハムバッカーより特別にアレンジされたピックアップにより既 存のフルアコよりも「切れ」と「ダイナミクス」に富んでいる。When the 2-way toggle switch "44 Switch" is turned up, the neck side of the adjacent pickup is driven. The 44 Switch is located slightly forward of the normal bridge pickup for a "fatter" sound. When the 44 Switch is set to the down position, the bridge pickup is wired in series with the bridge pickup for a dual pickup sound. When the 44 Switch is turned down, the bridge pickup is wired in series with the bridge pickup for a dual pickup sound that is even fatter and wilder with more gain. You can instantly switch between these two sounds when you play. The pickups are specially arranged to have more "snap" and "dynamics" than a conventional mini-humbucker.

SWITCH.jpg

独自の極薄ニトロセルロース・ラッカー仕上げ

ヴィンテージ・ギターと同様の「ニトロセルロース・ラッカー」を下地より使用。現在ポピュラーなポリエステルに比べ、塗装の厚さを約1/3以下の薄さで仕上げられるため、各々のモデルにふさわしく構築されたボディ、ネックの持つ「木の鳴り」をダイレクトに響かせ、見た目もワイルドかつ高級感漂うKING SNAKE独自の質感を与えている。
Nitrocellulose lacquer, the same as used on vintage guitars, is used from the base coat. Compared to polyester, which is popular today, the thickness of the coating is less than 1/3, allowing the body and neck of each model to resonate directly with the sound of the wood, and giving the guitar a wild and luxurious look and feel unique to KING SNAKE.

top.jpg

「Detroit One Block」
 アンプに通した時のトーン、音量を第一に考えてデザインし、フルアコースティック構造ながらも、サウンドの芯とサスティーンを得る為に、ブリッジの裏側に当たる位置に15mmの分厚いスプルース材を施してある(幅80mm長さ70㎜)。これにより通常のフルアコでは得る事の出来ない独特なサスティーンと良い意味でのコンプ感を伴うサウンドの腰の強さが増し、クランチに歪ませた設定でも十分に対応出来る。言い換えるならば、セミアコとフルアコの中間的なころ合いの良いところに収めたサウンドである。 

The Detroit One Block is designed with the tone and volume when played through an amp in mind. 15mm of thick spruce wood (80mm wide and 70mm long) is applied to the back side of the bridge in order to obtain the core and sustain of the sound despite the full acoustic construction. This gives the guitar a unique sustain that you can't get from a normal fully hollow guitar, and a good sense of comp. In other words, the sound is somewhere between a semi-hollow and a fully holow.

block.jpg

Original P.U.
"KING SNAKE JLH-1 / 4 conductor"
 

ミニハムバッカーで在りながら、通常のミニハムバッカーよりゲイン感を増し、コンセプトに従いダーティー且つワイルドに暴れながらもチープなサウンドには成らぬように開発。アル二コVマグネットを使用し、細めのAWG43ワイヤーをスペース内に限りなく多めに巻き上げる事で、ゲイン感と、ミドルに寄った切れの良いサウンドを持つ。Detroit Fourにおいて2つのP.U.を直列配線出来るように4芯構造となっている。
The Detroit Four is a mini-humbucker with more gain than a regular mini-humbucker, and the concept is to make it sound dirty and wild, but not cheap. The Detroit Four has a 4-conductor construction to allow for two P.U.s to be wired in series.

 

*NECK side Pickup

DC resistance=10.0KΩ 

BRIDGE side Pickup

DC resistance=11.0KΩ

*PICKUP 単品価格

Open Price / 実勢価格 ¥22,000(税込)

pickups.jpg

「プレイ、サウンドに於いてに大きな要因となる重量。2.3kg台という軽量化の実現」

求めるサウンド構築において考え抜かれた独自の薄いTOP&BACK材によるボディ・マテリアル、そして、極薄のラッカー仕上げ等による構造が成すトータル約2,3kg台と言う「超軽量」を実現。この軽量さが相応しい独自の「鳴り」を実現し、プレイに於いてもストレスフルさは魅力であろう。
The body material is made of our original thin TOP & BACK wood, and the construction with ultra-thin lacquer finish, etc., has achieved a total "ultra-light weight" in the 2.3kg range. This light weight realizes a unique "sound" that is appropriate for this instrument, and the stress-free nature of the sound is an attractive feature when playing.

重量.jpg

「3.5mmと言う薄いTOP & Back が生む切れ味。 
Detroit Oneの合板トップ&バック材は、メイプル / スプルース / メイプルの3プライ。音の立ち上がりの早さとライブ時音量まで上げた際にキレとうねる感じを出す為に薄く仕上げられている。メイプル / スプルース / メイプルの構成は、昔の175等と同じだが、例えば50年代175は、メイプル(約1mm) / スプルース(約3mm) / メイプル(約1mm)とトータル約5mm厚。Detroit Oneはメイプル(1mm) / スプルース(1.5mm) / メイプル(1mm)とトータル3.5mm厚。同じ材構造だが厚みが違うため、レスポンスが違う。この薄さとDetroit Blockと相まってキレがアコースティカルに響く。

Detroit One's plywood top and back are made of 3-ply maple, spruce, and maple. The composition of maple/spruce/maple is the same as the old 175, for example, the 50's 175 is maple (1mm) / spruce (3mm) / maple (1mm) for a total thickness of 5mm, while the Detroit One is maple (1mm) / spruce (1.5mm) / maple (1mm) for a total thickness of 3.5mm. The Detroit One is maple (1mm) / spruce (1.5mm) / maple (1mm) for a total thickness of 3.5mm. It's the same material structure, but the thickness is different, so the response is different. This thinness combined with the Detroit Block makes it sound sharp and acoustical.

plywood.jpg

独自のアルミニウム・ブリッジサドル
Black Bear開発に合わせオリジナルで製作したアルミニウム製ブリッジ。ダイキャスト(鋳造)でなくアルミニウム材を切削により加工。ソリッド一体型ゆえに響きのロスはなく音のまとまりが強くサスティーンも豊潤であり、音が全面に出てくる感じを与えながらもスティールよりも柔らかい素材のためトーンはほんのりと柔らかさを与えヴィンテージ感を与えてくれている。例えるならVintage Ampの程度の良いオールド・アルニコ・スピーカーの頃合いである。ホローボディながらもトップ裏のDetroit Blockとアルミニウムトーンが相まってのことであり、ブリッジ部に搭載されたピックアップながらもトーンの幅広さが絶妙である。そして他モデル同様ボディ側に突起された2点のピンの上にブリッジを搭載する事で、強く弾いたブリッジがズレてチューニングが一気に狂ってしまうと言う事を回避している。これによりストレス無く激しくプレイ出来る。また、カスタムされたテイルピースを使用。弦をホールドする部分を真鍮製の質量の高いモノを加工し作成され、それにより弦の振動を太くする事に貢献している。
The original aluminum bridge was manufactured in conjunction with the development of the Black Bear. It is not die-cast, but machined from aluminum material. The sound is not lost because of the solid integration, and the sound has a strong cohesion and rich sustain. While the sound gives the feeling of coming out to the full surface, the material is softer than steel, giving the tone a slight softness and a vintage feel. It is like a good old alnico speaker of Vintage Amp. The Detroit Block on the back side of the top and the aluminum tone are combined with the hollow-body, and the wide range of tone is exquisite even though the pickups are mounted on the bridge. As with other models, the bridge is mounted on two pins protruding from the body side, which prevents the bridge from shifting when played hard and causing the tuning to go out of tune at once. This allows the player to play hard without stress. Also, a custom tailpiece is used. The part that holds the strings is made of high-mass brass, which contributes to making the strings vibrate thicker.

bridge.jpg

下記ページにてKING SNAKE最新ニュースをお届けしています。
KING SNAKE's SNS 

  • グレーInstagramのアイコン
  • グレーFacebookのアイコン
  • グレーTumblrのアイコン
1280px-Instagram_logo.png
saddles.jpg

Original
Bridge
Saddles