アコースティック編

アコースティック・ピックアップ・システムのお薦めはありますか?

理 想的なサウンドでアコースティック・ギターを録りたいなら生のサウンドをマイクで録ることをお薦めします。L.R.Baggsもお 薦めです。今までの経験上でDual SourceやI-Mix、I-Beamなどを組み込むと良い結果が得られました。FishmanのAuraシステムとMatrixピックアップのコンビ ネーションにも良い印象を受けました。それ以外のブランドではK&K SoundのFantastick Westernのピエゾ・ピックアップ・システムなどです。
* (注): O、OO、とC10はブリッジプレートが小さい為、L.R.Baggsの I-Mixは組み込み不可です。

ポリッシュは何を使えば良いですか?

一 般的なハイグレード・ポリッシュであれば何でも大丈夫なはずです。シリコン入りのものを使用しても直接的なダメージを受けることは ないと思います。ただ、塗装にタッチアップをする際にはシリコン系のポリッシュを使用していると塗装の膜が吸着しにくくなる可能性が出てきますのでご注意 ください。

Collings USAから直接の購入は出来ますか?

直接の販売はしていません。Collings正規代理店からご購入下さい。

工場出荷時の弦は何を使用していますか?

基本的にはD’Addario phosphor bronze 弦を使用しています。
ボディの小さいギター(Baby/OM*/O/OO/OOO/C10)はLight GaugeのEJ-16(012,016,024,032,042,053)
ボディが大きいギター (D/CJ/ DS/ SJ/ Arch Top)はMedium GaugeのEJ-17(.013,017,026,035,045,056)を使用しています。
*OMはMedium Gaugeでも大丈夫です。 Baby/C10/OOとOOOモデルは ブリッジプレートが小さくMedium Gaugeの張力を支えきる力を持っていない為Light Gaugeの使用をお薦めします。

サンバーストの種類を変更することは可能ですか?

可能です。通常はサンバーストのエッジの部分をサイドの色合いと合わせるために木材のコンビネーションとボディサイズで決めています。
D, OM, Baby, DS,O,OO,OOO Series:
マホガニー・バックとサイドのサンバーストは1-スタイル・サンバースト。ローズウッドの サンバーストはさらに濃い2-スタイル・サンバーストになりま す。マホガニー・ボディでもこの2-スタイル・サンバーストを吹くのは可能ですが、サイドとバックのステイン色を赤みがかったマホガニーから濃いウォール ナットに変えなければなりません。コア・サイド&バック・サンバーストの場合は薄いアンバー・サンバーストになります。これは1-スタイル・サンバースト に近い色合いです。フルボディ・サンバースト・オプションはメープル・サイド&バック、そしてマホガニー・ギターのみ可能です。

CJ, SJ, C10 Series:
このモデルはさらに濃い、洋梨型のサンバーストになります。マホガニー・サンバースト・モ デルは全てスタンダードとして濃いウォールナットのステイン色を 付けます。フルボディ・サンバースト・オプションはメープル・サイド&バック、そしてマホガニー・ギターのみ可能です。

Custom Sunbursts:
カスタム・サンバースト・オーダーの場合、写真のサンプルをいただければ、それに近いサン バーストを吹く事は可能です。今までに多くのカスタムオーダーを 受け、満足いただいています。しかし写真によって若干、色合いが変わる事がございます。これはモニター・カラーの設定、カメラのフラッシュ、そしてコント ラス トの設定により、色合いが変わってきていることによります。カスタム・サンバーストのオーダーの際、色とシェードは近づけられますが場合により若干変わる 事があります旨、ご了承ください。

Vintage Neckと Vintage Now Neckネックはスタンダードのネックとどう違うのですか?

我々のドレッドノートにはネック・スタイルが3種類あります。
( Vintage Neck / Vintage Now neck / Standard )
 

ブリッジ・サドルの幅によってネックの形状が変化してきます。ブリッジ・サドルの幅が広ければ広いほどネック幅がハイ・ポジションにいくに従って広くなります。
スタンダード・ネック (Non-Vintage)のサドル幅は2-3/16インチ(約55.56mm)でVシェイプ。
ナット幅は1-11/16インチ(約42.86mm)、1-23/32インチ(約43.65mm)、1-3/4インチ(約44.45mm)の3種類です。
ネックの高さ(指板含む)は大体 1フレット辺り0.84インチ(約21.33mm)、9フレット目で0.93インチ(約23.62mm)位あります。 12フレット目の幅は大体2.195インチ(約55.75mm)位あります。

も うワン・サイズ上のネックはVintage Now Neckと呼んでいます。これは2 5/16インチ(約58.7mm)のブリッジ・サドルの幅があり、ナット幅は1-3/4インチ(約44.45mm)あります。スタンダード・ネックより幅 が若干広いですが、ヴィンテージ・マーティンの太いネックよりは狭いです。このネックはヴィンテージのフィーリングがあるので、プレイヤーはスタンダー ド・ネックよりも好むかもしれません。ネック・シェ イプはロー・ポジションで若干丸く、ハイ・ポジションに行けば行くほどVシェイプになっていきます。ネックの高さ(指板含む)は1フレット目から 0.845インチ(約21.46mm)、9フレット辺りは0.96インチ(約24.38mm)あり、12フレット辺りで2.195インチ(約 55.75mm)あります。

一 番太いネック・オプションはVintage Neckで2-3/8インチ(約60.32mm) のサドル幅があり、ナット幅は1-3/4インチ(約44.45mm)になります。このネックのモデルとなったのはプリウォー・マーティンの太いネックで す。このネックもVintage Now Neckと同じく1フレット辺りは丸く、ハイ・ポジションになるとVシェイプになって行きます。ネックの高さは大体1フレット辺り0.96インチ(約 24.38mm)、9フレットは1.02インチ(約25.9mm)です。

ヴァーニッシュ・フィニッシュと スタンダード・ラッカー・フィニッシュの違いは何ですか?

ヴァー ニッシュ・フィニッシュはとてもやわらかくデリケートなマテリアルです。トーンに関しては優れていますが、このオプションは扱 いが非常に難しいです。ラッカーとは違いフィニッシュのタッチアップが困難であり、ピンホールや気泡、落ち込んだ部分は修正できません。フィニッシュにも ラッカーのような仕上がりにするのは至難の業といえます。ヴァーニッシュ・フィニッシュは美しく深い光沢はありますが、近距離で見ると細かい部分が気にな る方もいるかもしれません。
プロテクション面を考えると軟らかいため非常に弱いと言えます。ベースとなるヴァーニッシュはAlkyd Resinを使用していますが、とても弱いマテリアルです。このフィニッシュは時間が経つと硬くなってはきますが、塗られたばかりのヴァーニッシュは非常 に傷・打コンが付きやすい上に縮みやすく、さらにはシワになりやすいためキレイなルックスを保つのは本当に困難です。
見た目をそこまで気にしないのであれば、ヴァーニッシュ・フィニッシュは楽器に振動をさらに与え、素晴らしいレスポンス&ディープなトーンが得られます。

自分が手に入れた材で作っていただけますか?

コリングス以外で仕入れた材で注文を受ける事は出来ません。コリングスで仕入れている材はすべてハイクォリティーであり、自信を持っています。確実に正しく切られ、シーズニングされた木材を使って製作しているので素晴らしい鳴りと響きが得られるのです。

フレットサイズは?

我々が使用しているスタンダードのフレットワイアーの寸法は:

crown width:2mm

crown height:1.10mm

total height:2.60mm

tang width:0.80mm

スペシャル オーダーの納期はどれ位掛かりますか?

木材のコンビネーション、仕様で異なります。スタンダード・モデルの場合、最低でも4—5ヶ月程掛かります。カスタム・オーダーを検討または納期等の問い合わせなどはCollings正規代理店にお問い合わせください。

シリアル番号はどこにありますか?

アコースティック・ギターのシリアルはボディ内部のマホガニー・ネック・ブロックにスタンプされています。3—5ケタのシリアルはサウンドホールをネック方面に覗けば見られます。暗い部屋だと見づらいので小さいフラッシュライトなどを使用してください。

湿度を上げるのが必要かどうやって分かりますか?

コ リングス・ギターは湿度49%の環境の中で作られています。クラックや他の問題を防ぐのにはこの湿度をある程度キープしていなけれ ばなりません。サウンド・ホールにとりつける加湿のキャップ(ダンピットなど)を使わなければ、環境によっては湿気を十分に与える事が出来ません。湿度計 のご使用をお薦めします。楽器が大きなダメージを受ける前に乾いているギターを良く観察し、どういった症状になるかを知っておく事が大切です。

どうすればクラックを防げられるのですか?

クラックとブリッジ浮きは殆んどの場合湿度が低い場所で保管されたケースが多いです。湿度の低い場所で保管しておくと木が縮んだり形を変えてしまい、クラックや他の問題を起こしたりします。楽器の保管場所はちゃんと管理しておく事が一番大事です。

ストラップボタンを付けたいのですがお勧めの位置はありますか?

ネックとボディを接合しているボルト・ナットを避けるようにボタンを取り付けてください。
詳しくは下記の図をご参照下さい。

ギターのネックはどうやって付けているの?

ボルト・ナットで固定しています。
詳しくは下記の図をご参照下さい。

トラスロッドはどう調整したらいいでしょうか?

Collingsアコースティック・ギター全て 5/32”インチ(約3.98mm)ボール エンド レンチで調整出来ます。ボールエンドが一番大事でこれがないと回せません。このサイズのレンチで回さないとロッドの穴を舐めたりしますので気をつけて下さい。

工場設定のセッティングは?

弦高 (フレットの上から弦の下まで)
6弦~4弦の高さ12フレット: 3/32インチ(約2.28mm)
3弦~1弦の高さ12フレット2/32インチ(約1.58mm)

Relief @ 5th fret: .005” (post-it を半分に折った状態が約 .005)
このアクションの高さは”medium action height” と我々は呼んでいます。多少は低くする事は可能ですが弦高が低い場合ライトに弾かないとビビリます。

ギターが作られた年代は分かりますか?

Collings アコースティックギターは1991年以降全て3-5ケタのシリアル番号をネックブロックにスタンプしています。 そのシリアル番号でおおよその年代は分かりますが一つ重要な事があります。全て作り始める段階でシリアルを振っていますので正確にこの年とは言い切れませ ん。 カスタム品を毎年多数製作していますので一本一本どれ位かかったか分かりません。シリアル番号順に工場から出るという事ではないのでシリアルを振った一年 後に出荷した場合もございます。下記のリストはおおよそのリストです。ご了承下さい。

Year / Serial Number Range

2014 / 22201~23850

2013 / 20851~22200

2012 / 19437~20850

2011 / 18054~19436

2010 / 16784~18053

2009 / 15809~16783

2008 / 14016~15572

2007 / 12654~14015

2006 / 11447~12653

2005 / 10326~11446

2004 / 9224~10325

2003 / 8214~9223

2002 / 7258~8213

2001 / 6161~7257

2000 / 5416~6160

1999 / 4521~5415

1998 / 3633~4520

1997/ 2825~3632

1996 / 2122~2824

1995 / 1561~2121

1994 / 1204~1560

1993 / 555~1203

1992 / 332~554

1991  / Older 331

エレクトリック編

フレット ワイアーのサイズを教えてください。

18% nickel-silver フレット ワイアー を使用しており、幅が.104”で高さは.047” です。

ポットとキャパシターは何を使っていますか?

CTS社の500k ポットに Xicon キャパシター @ .022 microfarad (part number 1432-1223)を使っておりワイアリングは50’ スタイルです。

スペシャルオーダーをした場合納期はどれ位ですか?

モデルとタイミングにもよりますが約3-4ヶ月で出来上がります。

I-35とSoCoのトーンの違いはありますか?

トー ンの微妙なニュアンスをはっきりと出すのは我々に取っていつもチャレンジですがSoCo Deluxe とI-35 Deluxeにはトーンの違いが微妙にあります。どちらともsemi-hollow body 設計でlight-wind Imperial humbuckers(Jason Lollar)を使用しています。一番の大きな違いはSoCo Deluxe のsingle-cutawayデザインにはボディやネックジョイント部にもっと質量があり、よりフォーカスされたサウンドを得られる事が可能でlow endも得られます。エアリー感、オーバートーンはI-35 Deluxeのほうが優れています。
ただこれは本当に微妙なトーンの違いです。木材選び(flame vs. quilt)、指板材も全体のトーン影響を及ぼします。

Flame と Quilted Maple TOP のトーンの違いは何ですか?

見 た目以外の一番の違いは木のウェイトです。Flame Mapleの方がQuilt より重く、フォーカスされたアタック、オーバートーンを得られる事が出来ます。Quiltは軽く、ギターのアコースティッククォリティーを出す事が出来るため、結果コンプレックスな、複雑なオーバートーンが出せるようになります。しかしこれも微妙な違いではあります。Mahogany Bodyウェイトもギターのトーンに影響します。

エレクトリック モデルのネック プロフィールを教えてください。

全エレクトリックモデルには1 11/16” ナット幅があり、クラシック メディアム C-Shapeとなっております。ネック裏から指板のトップ(フレットは除く)の幅:

1st fret:0.860"(21.84mm)

9th fret:0.960"(24.38mm)

12th fret:1.010"(25.65mm)

シリアル番号はどのあたりについてますか?

エレクトリックギターの裏にカバープレートが付いている物はキャビティ コントロール内のマホガニーにスタンプされています。Semi-hollowモデル(I-35とSoCo Series)はアルダーセンターブロックにスタンプされております。シリアルはトレブルサイド F-holeから除くとギターの中央に見えます。ちいさな懐中電灯などで見ると見えやすいと思います。
例 )Electricシリアルの見分け方
290(シリアル#29010178)の場合。290 / 2010年製/178番目に作られたものとなります。

マンドリン編

弦は何を使用していますか?

マンドリン全モデルに D’Addario phospher bronze を使用しております。
J74-Bluegrass Gauge (.011, .015, .026, .040)

お勧めする マンドリン ピックアップはありますか?

McIntyre MF-200 Feather Systemをお勧めします。このpickup system は薄いtransducer ストリップをトップの中に取り付け、エンドピンへと付けるか external carpenter-style jack にしてもいいと思います。もう一つはSchertler DYN-M Mandolin Pickup ですがこちらは高額です。どちらともにハイクォリティーのプリアンプ、L.R. Baggs Para Acoustic D.I.をお勧めします。

どんなネックオプションがあるのですか?

f- holeのマンドリンのナット幅は全て1 1/8” をスタンダードとしています。1 3/16” ナット幅のオプションがあり、この場合ネックシェイプが丸くなります。一番ポピュラーとなるチョイスはこのスタンダードですが手が大きく、そしてもっと丸 いネックが好みの方はこのオプションをお勧め致します。オーバルホールモデルのナット幅は全て1 3/16” となっております。リクエストには出来る限り御答えしますのでご相談ください。

フレットサイズは?

フレットワイアーの寸法は:

crown width : 2 mm

crown height : 1.10mm

total height : 2.60mm

tang width : 0.80mm

シリアル番号は何処にありますか?

ボディの中、ベース側にプリントされています。

Mandolin A-style

Year / Serial Number Range

2011 / A2216~A2486

2010 / A2002~A2215

2009 / A1865~A2001

2008 / A1568~A1864

2007 / A1333~A1567

2006 / A1037~A1332

2005 / A738~A1036

2004 / A344~A737

2003 / A236~A343

2002 / A130~A235

2001 / A066~A129

2000 / A040~A065

1999 / A001~A039

Mandolin F-style

YearSerial Number Range

2011 / F1223~F1323

2010 / F1137~F1222

2009 / F1054~F1136

2008 / F924~F1053

2007 / F779~F923

2006 / F630~F778

2005 / F446~F629

2004 / F231~F445

2003 / F080~F230

2002 / F001~F079