WL-14X
(Mahogany Body / X Bracing / 14 Fret Joint) 
WL-14L

(Mahogany Body / Ladder Bracing / 14 Fret Joint) 

ラダー・ブレイシングとX ブレイシングの2バージョン。

Open Price 実勢価格 ¥ 340,000 + TAX

ビル・コリングスが市場に投入した愛すべき新たなる世界

2014 年1月のNAMM SHOWにてビル・コリングスが作って来てデビューされたWaterloo(ウォータールー)。

Waterlooと言う名は、1839年に今のオースティンがAustinと呼ばれる前に、呼ばれてた名称がWaterloo(ウォータールー)。
オーソドックスなXブレイシングに加え、よりブルージーで骨太サウンドとなるラダー・ブレイシングの2パターンを展開。Xブレイシングは美しいメロディ、フォーキーな音楽、ストローク系に合い、ラダー・ブレイシングはサウンドの芯がより太くラグタイム、ブルージーな音楽にベストマッチ致します。

 

SPECIFICATIONS
 

Top Solid Spruce  Back/Sides Solid Mahogany

Bracing  Choice of ladder (L) or x-bracing (X)

Color Vintage Style Sunburst or Jet Black

Binding Ivoroid bound top and soundhole

Bridge Ebony  Bridge Pins Ebony  Saddle Bone drop-in 

Pickguard Tigerstripe celluloid 

Body Finish Semi-gloss nitrocellulose lacquer finish 

Neck Solid mahogany  Fingerboard Indian rosewood 

Nut 1 3/4" ebony nut 

Neck Support  Adjustable Truss

Fingerboard Inlays 6mm acrylic dots 

Neck Shape Prominent V shape Scale  24 7/8" 

Fret Wire Medium 18% nickel-silver

Logo Stenciled Waterloo

Tuners Golden Age Restoration

Body Width 14 3/4"  Body Length 19 1/4" 

Body Depth 4 1/4"  Scale Length 24 7/8" 

Nut Width 1 3/4"  Saddle Spacing 2 3/8"
 

BRACING

ハシゴのように横に並行に施されてい るLadder Bracingは、よりミドルに寄ったブルージーなトーン。X Bracingは、高域がLadder Bracingより出る事で、フォーキーなサウンドとなります。製作者ビル・コリングスもVIDEOで語っていますが、この2は別のギターと言える程、違 います。

 

TRUSS ROD調整
サウンドホールから覗いてもブレイシングに隠れて見えませんが、ネックジョイントの上部側にあります。5/32”インチ(約3.98mm)ボール エンド レンチで調整出来ます。このサイズのレンチで回さないとロッドの穴を舐めたりしますので気をつけて下さい。

T-Bar Neck

Truss Rod Neck