作りの良いとされるアーチトップ・ギターとは、長い歴史の内でサウンドの放射性、投影力、分離の優れたはっきりとした音、ミッドレンジのうねりを求められていた。1920年代のスウィンギング・ビッグバンドからルーツ・ミュージックのアイコンでもあるカーター・ファミリー(マザー・メイベル&カーター)までアーチ・トップのサウンドは、アメリカの音楽史に深く根付いており、現代音楽への足掛かりとして現代でも長く存在し続けている。

ビル・コリングスは、ルシアーを始めた当初からずっとアーチ・トップへの情熱を持っており、時を経て遂に世界で最も尊敬されているクラフトマンの1人としてのアイデンティティと絡み合うことになった。Waterlooに対するビルの当初からのヴィジョンは、アーチトップはラインナップの一つとして入れる計画であった。ビルは1930年代のフラットバック・レコーディング・キングのアーチトップを彼の仕事部屋に保管しており、いつかレストアしようと置いていた1940年フォード・コンバーチブルの後部座席にそのギターは放り込まれていた。彼はギターをバラバラに分解し、ボディやネックを取り出してみてはどうやって彼独自のひねりを聞かせて作るかを考えていた。ビルはフラット・マホガニーバックに深く興味をそそられ、それはWaterlooラインナップのすべてのサウンドに一貫するものとなっている。

 

2017年にビルが他界し、このギターの計画は悲しくも縮小された。しかし、彼の周りで彼と密接に働いていた者達は、このギターはビルがいつも作りたいと思っていたものだと知っていた。友人として、良き指導者でもある彼へのトリビュートとしてこのWL-ATを皆さんに提供したい。このWL-ATは、Waterlooシリーズの精神を表現しただけではなく、スモールボディ・アーチトップギターのトーンとプレイヤビリティが新たな領域のレベルへと昇華した楽器である。

Well-crafted archtop guitars have long been coveted for their projection, expressive articulation, and unique midrange growl. From the swinging big bands of the 1920s to roots music icons such as Mother Maybelle Carter, the archtop sound is deeply entrenched in American music history and has maintained its foothold into the modern era. Bill Collings had a passion for archtop guitars, one that stemmed back to his earliest days as a luthier, and would eventually become entwined with his identity as one of the world’s most respected purveyors of the craft.

Bill’s original vision for Waterloo Guitars actually included plans to offer an archtop guitar as part of the lineup. He kept a 1930s flat-backed Recording King archtop in his back office, usually thrown haphazardly into the backseat of a stripped down 1940 Ford convertible, which he had plans to someday restore. The guitar was disassembled into pieces, but he would occasionally pull out the body or neck and inspect it, contemplating on how he might re-create such an instrument with his own twist. He was especially intrigued by the flat mahogany back, which is an integral part of the sound that runs consistently through the Waterloo line.

With Bill’s untimely passing in July 2017, his plans for this guitar were sadly cut short. However, it was known among the people who worked closely with him that it was something he had always wanted to do. Thus, as a tribute to our friend and mentor, we present to you the WL-AT – an instrument that not only embodies the spirit of the Waterloo line, but takes the concept of a small-bodied archtop guitar to a new level of tone and playability.

 Jet Black 

Sunburst

WL-AT
( Jet Black / Sunburst ) 
Open Price 実勢価格 ¥ 630,000 + TAX

SPECIFICATIONS
 

Top Solid Carved Spruce  Back/Sides  Solid Mahogany
Bracing  Parallel Bracing  Color Vintage-style Sunburst or Jet Black  Binding  Ivoroid Bound Top and Back
Bridge  2-piece adjustable Ebony w/ 2 5/16" Spacing  Pickguard Acrylic Tortoise or Cream Celluloid
Body Finish Semi-Gloss Nitrocellulose Lacquer Finish  Tailpiece  Custom Trapeze-Style

Neck  Solid Mahogany   Fingerboard Indian Rosewood
Peghead Veneer  Ebony  Nut  1 3/4" Ebony Nut
Neck Support Adjustable Truss Rod  Fingerboard Inlays  6mm acrylic Dots
Neck Profile  Prominent "V" Shape   Scale Length  24 7/8"
Fret Wire Medium 18% nickel-silver  Logo  Stenciled Waterloo
Tuners Golden Age Restoration  Fingerboard Radius  12"


Body Width 14 13/16"  Body Length 19 1/4"

Body Depth 4"  Overall Length 40 1/8"

Scale Length 24 7/8"  Nut Width 1 3/4"

Saddle Spacing 2 5/16"  Recommended Strings D'Addario NB1253 (.012"-.053")